iPhoneのアンプシミュレーターの活用法

最近iPhoneで高機能なアンプシミュレーターがいろいろ出てきたけど

実際使ってみるといまいち使いこなせなかったりする

なぜかというとすでにPCでアンプシミュレーターを使ってるからそんなに必要なかったり

シールドを抜き差ししてセッティングが面倒だったり

 

そこでオススメの活用法を紹介したい

 

まずiPhoneでアンプシミュレーターを使う利点は3つ

  1. もとは電話なのでどこでもつかえるところ
  2. 値段の安さ ハードで買うより全然安い
  3. そしてここが一番の利点だと思うとこで、他のアプリと気軽に連携させて使えるところ
その中のアプリの連携について説明します

iPhoneは直接アプリ同士の連携はできないけど、オーディオコピーで他のアプリに

オーディオデーターをコピー、ペーストできる その機能を使って他のアプリで作った音源と

アンプシミュレーターでセッションするのが一番楽しい使い方だと思います。

 

他のアプリでオケを作る→オーディオコピー→アンプシミュレーター起動

→オーディオを貼り付ける→再生させてセッション→録音→Webにアップロード

って感じです

僕はオケを簡単に作ってギターでアドリブの練習をするのが一番楽しいいです

そのオケを簡単に作ることが可能なおすすめなアプリを紹介します



Chordbotはすごく簡単にオケができます。コードも自動で選択できることも可能で

ほとんど自動でオケを作ることができます

「Song-O-matic」のとこで選択すると自動でコードを配置してくれます。

 

あとはスタイルから演奏のバリエーションを選択

そしてオーディオコピー

次はこのオケを再生させながら弾けるアンプシミュレーターを紹介します



このアンプシミュレーターアプリの良さは音がいい、レイテンシが少ない、録音機能が豊富

録音機能のよさは録音後にギターの音色を変更したり

オケを混ぜたのをExportするか、ギターだけの音をExportするか

アンプシミュレーターをかけずに生の音でExportするかとかも選択できます

 

この前5分ぐらいで作ったのを聴いてみてください////

 

 

では今回はこのへんで