LINE6からiPhone、iPad用のアンプシミュレーターが発売

2011年10月5日

現在はiPhone、iPad用のアンプシミュレーターはAmpliTubeが有名です。

まずはAmpliTubeの仕様から説明したうえでLINE6のアプリを紹介します。



AmpliTubeは専用のケーブルにつなげてギターのシールドとiPhone、iPadにつなげます


これはiPhoneのイヤホンジャックに挿してマイクの音声を拾うところに
信号を送っているだけなので音的にはそんなに良くないです。

続いてLINE6用のギターをiPhoneやiPadにつなげる部分を見てみると

iPhoneのUSBをつなげる端子に差してます。
つまりこっちはデジタルで音を取り込むので音がいいんです。

値段ですがAmpliTubeはギターシールドとつなげる端子が4000円くらいで
AmpliTubeのアプリが1700円で合計5700円ぐらいかかりますね。

AmpliTube 2.2.2 App Store
対象デバイス: all
カテゴリ: ミュージック   価格: ¥1700
販売業者: IK Multimedia US, LLC
LINE6のは、ギターとつなげるデジタル端子が11月下旬に発売で80ドルなので
6000円台になるんじゃないでしょうか
そしてLINE6のアンプシミュレーターのPODアプリは無料なそうなので
6000円台でそろえることができます。
LINE6のほうはたぶんこのデジタル端子をつけていないとアプリが
使えないと思うので、AmpliTubeの端子は使えないとみてます。

逆にLINE6のデジタル端子でAmpliTubeを使えるのか気になります。
音のサンプルはこちら http://line6.com/mobilein/sounds.html

充電しながら使えないのかも気になります。
iPhoneでライブなんかもできちゃう(笑)

普通にPODですね。
Guitar Rigもだして欲しいですね

自分はGuitar Rigが一番好きです。